堂平天文台「星と緑の創造センター」

埼玉県・比企郡ときがわ町
堂平天文台「星と緑の創造センター」
開設当時は国内最大級だった91cm反射望遠鏡のある堂平天文台に宿泊できる
画像提供:堂平天文台「星と緑の創造センター」

天体観測所を利用したユニークな宿泊施設もある

標高876mの堂平山頂にある堂平天文台を中心にした、宿泊施設やキャンプ場のあるアウトドア施設。堂平天文台は、1962年に東京大学東京天文台の観測所として開設され、のちに国立天文台となった。最盛期には敷地内に6つの観測施設が建てられていたが、様々な理由から2000年に観測施設としての役割を終え閉鎖。これを譲り受けた都幾川村(現在のときがわ町)が、2005年に堂平天文台「星と緑の創造センター」としてオープンし、観測ドーム内客室やログハウス、バンガローなど、高原での宿泊やキャンプを楽しむ施設に生まれ変わった。3月から11月の月2回、12月には月1回、星空観望会(有料)を実施し、県内最大の91cm反射望遠鏡などで、実際の星空を観察ができる。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの開催が中止・延期になっている場合があります。また、施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
  • 今日 11℃4℃
  • 明日 16℃3℃

同じジャンルの夏休みスポットを探す

夏休みスポット一覧に戻る

このスポットを見ている人はこちらも見ています

夏休みイベントカレンダー

夏休みイベントカレンダーから日付を選択して、「夏休みイベント」を探そう!お盆時期に開催しているイベントも多数!

来週以降の夏休みイベントを探している方はこちら!

おすすめ情報