ギャラリーTOM

東京都・渋谷区
ギャラリーTOM
収蔵品であるズビネック・セカールの1970年代の作品「無題-盲人のための彫刻」
画像提供:ギャラリーTOM

視覚障害者も美術を体験できるギャラリー

児童劇作家として知られる故村山亜土、治江夫妻の尽力により、1984(昭和59)年に開館した私設美術館。夫妻の息子で視覚障害者だった故村山錬の「ぼくたち盲人もロダンをみる権利がある」の言葉をきっかけに創設された。「TOUCH ME ART、触れられるアート」をコンセプトに、彫刻などの立体造形作品に実際に触れられる展示を数多く企画している。毎年夏には全国盲学校生徒作品展「ぼくたちのつくったもの」も開催。視覚障害者の美術鑑賞の場としてだけでなく、晴眼者も同じような体験ができる展示が好評を得ている。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの開催が中止・延期になっている場合があります。また、施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
  • 今日 8℃0℃
  • 明日 6℃-1℃

同じジャンルの夏休みスポットを探す

夏休みスポット一覧に戻る

このスポットを見ている人はこちらも見ています

夏休みイベントカレンダー

夏休みイベントカレンダーから日付を選択して、「夏休みイベント」を探そう!お盆時期に開催しているイベントも多数!

来週以降の夏休みイベントを探している方はこちら!

おすすめ情報