【臨時休館】大鹿村中央構造線博物館

長野県・下伊那郡大鹿村
【臨時休館】大鹿村中央構造線博物館
中央構造線露頭から人力で取り出した標本を展示
画像提供:大鹿村中央構造線博物館

地殻変動や地形のでき方などが学べる博物館

【※当面の間、臨時休業しています。詳細は公式サイトをご確認ください】長野県と静岡県の県境、南アルプスの主峰赤石岳の山麓にあり、関東から九州へ日本列島を縦断する大断層、中央構造線のほぼ真上に建つ村営の博物館。中央構造線に関する資料や、大鹿村内から集めた200点余りの岩石標本を中心に展示しており、地震と地殻変動、地盤・土砂災害と地形のでき方などを学ぶことができる。屋外には村内の河川から集めた175点の岩石標本を展示する岩石園があり、館内では岩石をできるだけ実際の地質配列と同じように並べて紹介している。他にも、講師を招いた各種講演会、地すべり地帯を実際に歩く観察会など様々なイベントも実施(詳細は公式サイト参照)している。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの開催が中止・延期になっている場合があります。また、施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
  • 今日 14℃5℃
  • 明日 13℃6℃

同じジャンルの夏休みスポットを探す

夏休みスポット一覧に戻る

このスポットを見ている人はこちらも見ています

夏休みイベントカレンダー

夏休みイベントカレンダーから日付を選択して、「夏休みイベント」を探そう!お盆時期に開催しているイベントも多数!

来週以降の夏休みイベントを探している方はこちら!

おすすめ情報

夏の人気夏祭りランキング
【長野県】

夏の人気イベントランキング
【長野県】