【臨時休館】東海大学自然史博物館

静岡県・静岡市清水区
【臨時休館】東海大学自然史博物館
施設内では恐竜の全身骨格などが見られる
画像提供:東海大学自然史博物館

恐竜の全身骨格は迫力満点

【※当面の間、臨時休館しています。詳細は公式サイトをご確認ください】東海大学海洋学部が運営する博物館で、1981年に恐竜化石骨格の展示を主体とする「恐竜館」として開館し、2002年に現在の建物に移設し、2012年と2013年に1階の展示をリニューアルした。博物館内は、入口、エスカレーター、3階、2階、1階の順に過去の世界から現在にむかって見学するようになっている。3階の恐竜ホールにはタルボサウルスやディプロドクス、トリケラトプスはじめ6体の恐竜の全身骨格があり、2階にはケナガマンモス,ステラーカイギュウなど、1階には「静岡県の自然」のコーナーがあり、自然と生物の歴史の流れについて分かりやすく学べるようになっている。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの開催が中止・延期になっている場合があります。また、施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
  • 今日 15℃9℃
  • 明日 20℃8℃

同じジャンルの夏休みスポットを探す

夏休みスポット一覧に戻る

このスポットを見ている人はこちらも見ています

夏休みイベントカレンダー

夏休みイベントカレンダーから日付を選択して、「夏休みイベント」を探そう!お盆時期に開催しているイベントも多数!

来週以降の夏休みイベントを探している方はこちら!

おすすめ情報