特別展「グラバーが運んだみらい展 蒸気のひみつ」 福岡市科学館

このページをスマホで見る

このページをスマホで見る

4月29日(木)〜8月29日(日)※土日祝のみ開催。ただし、GW期間(4月29日〜5月5日)、夏休み期間(7月22日〜8月26日)は毎日開催 休館日:毎週火曜日および年末年始 ※火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日を休館。

福岡県福岡市中央区
特別展「グラバーが運んだみらい展 蒸気のひみつ」
特別展「グラバーが運んだみらい展 蒸気のひみつ」
※ このイベントは終了しました。
福岡県のイベントはこちらからご確認ください。

蒸気機関がもたらした日本の近代化のタネ

長崎の観光名所「旧グラバー住宅」の主人、トーマス・ブレイク・グラバー。 貿易商人である彼が幕末の日本にもたらした西洋技術のなかでも、蒸気機関は私たち日本人の暮らしを大きく変えるものだった。SLや蒸気船が走り、たくさんの人や荷物を遠くまで運べるようになった。やがて日本は近代化への道へと走り出す。 今回の展示テーマは、日本の産業革命に影響を与えた「蒸気機関」。旧グラバー住宅を原寸大で再現した展示空間で、蒸気機関の仕組みやトーマス・グラバーの偉業を紹介する。蒸気の力がわかる体験ゾーンも用意されている。グラバーが日本へ持ち込み、日本を大きく動かした「蒸気」の秘密にせまる。

見どころ

グラバーが出迎える映像から始まる展示空間は、世界遺産に登録される「旧グラバー住宅」を再現。7つの部屋で、蒸気機関の仕組みから蒸気機関を活用して興した事業、貿易商としてグラバーが日本に紹介したもの、グラバーを支えた仲間や家族などを紹介している。蒸気を使って動かす体験展示や、古写真の中に自分が合成され、グラバーと一緒に写真を撮ることができる写真館がある。そのほか館内アクティビティでは、ギアのしくみを活用したロボットを作れるなど、好奇心が刺激されるプログラムも用意されている。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【会場での対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【参加者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
【その他】一部設備の利用制限/接触確認アプリ(COCOA)のインストールを推奨/お手洗いのハンドドライヤーの停止
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

  • 今日 14℃5℃
  • 明日 16℃5℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2021年4月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税10%の内税表示です。

同じジャンルの夏休みイベントを探す

夏休みイベント一覧に戻る

このイベントを見ている人はこちらも見ています

TwitterでシェアFacebookでシェア

夏休みイベントカレンダー

来週以降の福岡県の夏休みイベントを探している方はこちら!

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。