デジタルとリアルが融合した図鑑施設「ずかんミュージアム銀座」に前園真聖が潜入!動物たちとの“かくれんぼ勝負”にガチモード

東京都

東京・東急プラザ銀座6Fにこの夏オープンした、“デジタルとリアルが融合した図鑑体験”ができる新施設「ずかんミュージアム銀座」(ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO)。デジタルとリアルが融合した空間をめぐりながら、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会い、その息吹を感じ、さらにほかの生き物との出会いに歩みを進める、そんな世界に没入できる新感覚の体験型施設だ。

東京・東急プラザ銀座6Fにオープンした「ずかんミュージアム銀座」
東京・東急プラザ銀座6Fにオープンした「ずかんミュージアム銀座」


デジタルで動物のリアルな24時間を体験

5つのゾーンから構成され、さまざまな動物の生活を垣間見ることができる
5つのゾーンから構成され、さまざまな動物の生活を垣間見ることができる

累計発行部数が約1100万部を超える大人気図鑑シリーズ「小学館の図鑑NEO」から飛び出した動物たちが“生息する”施設の中は、24時間という時間の経過や天候の変動など、リアルな地球上における環境の変化を表現できるように設計され、空間や時間の経過とともにリアルな“地球の自然”を体感できる。

動物との“マッチアップ”!? 前園真聖が潜入体験

「ずかんミュージアム銀座」を訪れた前園真聖氏
「ずかんミュージアム銀座」を訪れた前園真聖氏

今回、元サッカー日本代表の前園真聖氏が同施設を体験。生き物を検知・記録するためのナビゲーターアイテム「記録の石」を片手に図鑑の世界に潜入した。動物に近づき過ぎてしまうと逃げてしまうなど、動物たちとのかくれんぼに感心しつつ、「近づきすぎはダメよ」と徐々にその目は現役時代の相手とのマッチアップ時のように真剣なものに。

生き物を検知・記録するためのナビゲーターアイテム「記録の石」
生き物を検知・記録するためのナビゲーターアイテム「記録の石」

ジッと動物たちが現れるの待つ前園真聖氏
ジッと動物たちが現れるの待つ前園真聖氏

ずかんミュージアム銀座は、「アントビューゾーン」「ウォーターフォールゾーン」「ディープフォレストゾーン」「アンダーウォーターゾーン」「ワイルドフィールドゾーン」の5つのゾーンから構成され、日常では立ち入ることが難しい森の奥深くや水中や空中など、さまざまな生態系を体験できる。

自分だけの図鑑を記録に

悪戦苦闘しながら、動物たちの世界を抜けると最後の人間の世界に戻るエリアでは、ミュージアム内で出会った動物たちを「記録の証」としてプリントアウトすることができる。「この動物ゲットできてなかった」「こんな動物いたの?」といった子供たちの再挑戦を願う声が聞こえてきたが、前園氏も「できれば全部記録したかった。ずっといられるかもしれない」とリベンジ宣言をしていた。

ミュージアム内で出会った動物たちが「記録の証」としてプリントアウトすることが可能
ミュージアム内で出会った動物たちが「記録の証」としてプリントアウトすることが可能



詳細情報

◆ずかんミュージアム銀座(ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO)
住所:東京都中央区銀座5丁目2−1東急プラザ銀座6F
電話:03-6228-5611(受付時間 11:00〜19:00)
開館時間:11:00~20:00(※予定)
休館日:東急プラザ銀座の休館日に準ずる(※1月1日と年1回の不定期休)
入館料(税込):大人(18歳以上)2500円/中学生・高校生1700円/小学生1200円/未就学児(3歳以上)900円
ハンディキャップ料金 ※税込 ※ご本人および同行者1名まで適用の金額
大人(18歳以上)1700円/中学生・高校生 1200円/小学生900円/未就学児(3歳以上)600円
公式サイト:https://zukan-museum.com/
情報は2021年8月6日 18:30時点のものです。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。