100万本のヒマワリに感動!“インスタジェニック”な夏の宮崎おすすめスポット5選

夏の宮崎には見どころがたくさん!7月中旬~下旬にかけて見ごろを迎えるヒマワリは圧巻だ。インスタジェニックなビーチやグルメが楽しめる夏イベントも大注目。南国ムードいっぱいの宮崎で夏バカンスを楽しもう!

青空とのコントラストが美しいヒマワリたち「西都原古墳群」

西都原古墳群 / 古墳群に咲き誇る美しいヒマワリ

300基以上の古墳が点在する史跡公園「西都原(さいとばる)古墳群」。花の名所として知られ、四季折々の草花が楽しめる。7月中旬~下旬にかけてヒマワリが見ごろを迎える。背丈の低い品種なので花畑全体を見渡すことができる。

[西都原古墳群]宮崎県西都市三宅4941-1(西都原ガイダンスセンターこのはな館) / 0983-41-1557(西都市観光協会) / 終日開放

おしゃれなビーチハウスが集結「AOSHIMA BEACH PARK」

【写真を見る】おしゃれなビーチハウスが集結する「AOSHIMA BEACH PARK」

亜熱帯植物や白い砂浜が人気の青島海水浴場に、9月30日(日)まで5軒のビーチハウスが出店中。各店オリジナルのこだわりフードやひんやりスイーツが堪能できる。ビーチで遊びながら、リゾート気分を楽しもう。

AOSHIMA BEACH PARK / 「POKE2489」の「ポキボウル・MIXポキ」(900円)。自家ダレに漬け込んだサーモンとマグロが美味
AOSHIMA BEACH PARK / 「シェイブアイス レインボー」(500円)。「The Double cafe’」で楽しめる

[AOSHIMA BEACH PARK]宮崎市青島2-233 / 0985-65-1055 / 10:00~19:00、土曜・日曜・祝日~21:00、8月は9:00~21:00、9月は11:00~18:00、9月の土曜・日曜・祝日~19:00 / 7月4日(水)、9月の水曜休み

1000種類以上のみやげ品が並ぶ「AOSHIMAYA」

AOSHIMAYA / 青島神社参道入口にある。店内には、大きなシューが話題の「シューファクトリー」もある

マンゴーや日向夏などの特産品から珍味、焼酎、雑貨まで、豊富な品ぞろえが自慢な「AOSHIMAYA」。イチオシは、ここでしか買えない青島の本格焼酎・鴨就宮(かもつくみや)。気軽に立ち寄れるカフェやレストランも併設している。

AOSHIMAYA / 「日向夏ゼリー」(756円)。凍らせてシャーベットにしてもおいしい

[AOSHIMAYA]宮崎市青島2-12-11 / 0985-65-1121 / 9:00~17:00 / 無休

海風を感じながらハンモックでまったり「青島ハンモック」

青島ハンモック / ハンモックは、肌触りのよいコットンを使用したベッド型タイプだ

ハンモックショップの店内に、4月にオープンしたカフェ「青島ハンモック」。一番の魅力は、園内にある木を使ってレンタルハンモック(60分540円)が楽しめるところ。ショールームも完備しており、ハンモックの販売も行っている。

青島ハンモック / 「トマトサイダー」(486円)。トマトの甘味とサイダーの酸味がマッチする。さっぱりとしたトロピカルドリンク

[青島ハンモック]宮崎市加江田7245-1 こどものくに敷地内 / 0985-69-6602 / 11:00~17:00 ※変動あり / 不定休

イートインもできるチョコレート専門店「chocoholic roastery」

chocoholic roastery / 2018年5月オープン。店前が公園なので、テイクアウトで味わうのもアリ

カカオ豆の選定や焙煎から、チョコレート製造までを手がける”Bean to Bar”の店「chocoholic roastery(チョコホリック ロースタリー)」。すべての工程を店内の工房で行うため、できたてを味わえる。「板チョコ」(194円/5g)の販売の他、チョコドリンクも用意する。

chocoholic roaster / 手前は「リッチネスチョコレート」(500円)。甘さ控えめのドリンクだ。奥は、みやげに最適な「タブレットチョコレート」(各25g/756円)

[chocoholic roastery]宮崎市神宮1-248 / 0985-71-3795 / 10:00~18:00 / 不定休

関連記事

情報は2018年07月21日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

夏休みイベントカレンダー

夏休みのイベントカレンダーから日付を選択。お盆時期に開催しているイベントも多数!

  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月

おすすめ情報