夏休み最後の思い出づくりに!日本最大級のおでかけ情報サイトが選ぶ東京の漫画&アニメ&ゲーム展覧会4選

夏休みも残りわずか。今回は首都圏で開催中の漫画、アニメ、ゲームの展覧会を紹介。夏休み最後は展覧会を通じて各作品の魅力を存分に堪能しよう。

いよいよ最終回!スヌーピーミュージアム最後の展覧会/開催中~9月24日(祝)

「The FINAL」ロゴTシャツを着たスヌーピーのぬいぐるみ(M4000円/L7000円)

2016年4月に開館し、約95万人の人々が訪れた東京・六本木のスヌーピーミュージアムが、予定していた2018年9月に閉館を迎える。最後の特別展「FRIENDSHIP IN PEANUTS ともだちは、みんな、ここにいる。」では、貴重な原画約80点や、新作アニメーション映像と共に、ユーモラスで哀愁漂う“ともだち同士の触れあい”を表現。スヌーピーをはじめとする「ピーナッツ」に登場するキャラクターたちの絆が感じられる、心温まる内容となっている。

細田守の世界観を味わう展覧会/開催中~9月17日(月)

【写真を見る】最新作をはじめ様々な過去作が並ぶ

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催中の「未来のミライ展~時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』」。細田守監督最新作『未来のミライ』の公開を記念した企画展。最新作『未来のミライ』の世界観を体感型展示やテクノロジー、原画、背景画などで再現。また、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』などの過去作も展示。さらにオリジナルグッズを販売する「スタジオ地図SHOP」も併設する。

2000年代を彩る人気作品の“ジャンプヒーロー”が集結/開催中~9月30日(日)

2000年代の「週刊少年ジャンプ」を彩る人気キャラクターが集結

森アーツセンターギャラリーでは「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」を開催。1968年に創刊され、今年50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」の歴史を振り返る展覧会。全3期にわたり開催し、第3弾となる今回は2000年代以降の同誌を彩るさまざまな作品の“ジャンプヒーロー”たちが集結。「ONE PIECE」「NARUTO -ナルト-」「BLEACH」など各作品をイメージした空間で、会期を通じて440点以上もの原画を展示する他、本展のために描きおろされた18作品のイラスト展示や迫力あふれる映像展示も行う。会期中、公式ショップでは200種類以上のオリジナルグッズを販売。また、展覧会会場に隣接する「Cafe THE SUN」では、7月14日(土)から本展とコラボレーションしたオリジナルメニューや店内装飾を展開する。

天野喜孝の世界観を存分に体感できる展覧会/開催中~9月2日(日)

繊細かつ独特の世界観でファンを魅了する天野義孝の作品が一堂に

池袋・サンシャインシティ 文化会館ビル3F 展示ホールCでは「FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展」を開催。人気ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのイメージイラストをはじめ、装幀画、舞台美術など多方面で活躍するアーティスト・天野喜孝の展覧会。過去最多となる約150点の原画や立体造形とともに「ファイナルファンタジー」の世界を紹介する他、1990年代後半から天野が制作を続けるファインアートの大型作品、本展のための書き下ろし作品など、合わせて約200点を公開する。会場内では全作品の撮影が可能な他、会場限定のオリジナルグッズも販売。

FINAL FANTASY (C)1987 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

IMAGE ILLUSTRATION:(C)1987 YOSHITAKA AMANO

関連記事

情報は2018年08月28日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

夏休みイベントカレンダー

夏休みのイベントカレンダーから日付を選択。お盆時期に開催しているイベントも多数!

  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月

おすすめ情報