行くだけで宿題完成! 夏休みの自由研究には工場見学が絶対におすすめ!

いよいよ夏休みシーズン到来。自由研究のテーマに困ったら、行くだけでレポートがまとめられる工場見学がおすすめ。無料~低価格で普段できない体験ができるだけでなく、うれしいお土産付きの施設も。さらに夏休み期間はキッズ向けの限定イベントも満載。家族旅行に工場見学を組み込んで、ファミリーで満喫しちゃいましょ!

事前準備が大切! 工場見学を自由研究にまとめる3つのコツ

1.行先は親子で決める

工場見学は親子の絆を深めるチャンス。子供がどんなことに興味を持っているのか、実際に楽しんで取り組めそうか、親子で相談しながら見学先を決めると当日もっと楽しめるはず。ついでに工場周辺の観光スポットやグルメの目星をつけておけば、家族旅行も盛り上がること間違いなし!

2.当日はノートやカメラの準備を忘れずに

工場見学には驚きや発見がいっぱい! 見学中に実際見たもの、聞いたこと、学んだことをその場でメモしておき、撮影可能なところであれば写真に収めておくと、現場で体験したリアルな感動が自由研究を通してみんなに伝えられそうだ。出かける前に聞きたいことや知りたいことをノートにまとめておくと、当日きっと役に立つぞ!

3.帰宅後も研究の幅を広げよう

貴重な体験をした後は、さらなる興味が湧いてくるはず。「こうしたらどうなるだろう?」「こっちで試してみるとどうかな?」と自宅に帰ってからも、親子で実験したり、文献を調べたり、オリジナルの研究をプラスすれば自由研究の深みがぐーんと増すよ!

博多の食と文化の博物館 ハクハク(福岡県福岡市)

明太子手作り体験は1パック1500円~。自分で作ったマイ明太子はおいしさも倍増!
【写真を見る】食品サンプルはまるで本物! 明太バケット1000円(食品サンプル体験は毎日開催)
食品サンプル体験で作れる明太子ごはんスプーンタイプ500円

明太子の老舗・ふくやが手掛ける博多の観光に大人気の施設。自由研究におすすめしたいのが「体験工房」で7月20日(土)から8月31日(土)に開催される「キッズ向け明太子手作り体験」。この夏初開催となる夏休み限定企画で、“辛くない”明太子を自分で作ってお土産にできる(所要時間40分、1パック1500円)。

また、通年行われているリアルな食品サンプル作りも評判だ(所要時間10分、500円~)。施設にはさらにクイズやゲームで遊びながら学習できる「工場見学」や博多の食や工芸の魅力を紹介する「ミュージアム」、オリジナルの明太子メニューが食せる「カフェ」などがあり、充実度満点! 明太子を通して博多の食文化を楽しく学んでみよう。

キリンビール(全国)

ビールの原料となる麦芽やホップも手に取って、味や香りを体験できる
麦汁の飲み比べ体験はアルコールが含まれていないのでキッズも可能!
フォトスポットも人気

ビールの製造工程を間近で見学&試飲体験ができるキリンビールの工場見学。今夏は7月20日(土)から9月1日(日)、全国のキリンビール・キリンビバレッジの工場にて「キリンの工場見学で自由研究!」が開催。期間中、自由研究の進め方やヒントを分かりやすくまとめた「キリンのものづくり研究キット」が無料でプレゼントされる(小学生限定)。

研究キットの最後には、工場見学で見つけた気になるポイントをまとめるのに便利な工作パーツも付属。自由研究のやり方が分からない…というキッズでも、このキットがあればきっと上手にレポートできるはず!

東洋水産 関東工場(群馬県館林市)

「マルちゃん」ブランドのヒストリーも学べる
作ったばかりのオリジナルカップ麺をみんなで試食
天気がよければ工場周辺の自然を再現したビオトープの見学も

「マルちゃん」でおなじみの東洋水産では、8月20日(火)、8月21日(水)に小学生とその家族が無料で参加できる「マルちゃん夏休み親子工場見学会」を開催。「緑のたぬき天そば」の製造ラインを見学できるほか、「赤いきつねうどん」をベースとしたオリジナルのカップ麺を作って試食できる体験イベントも実施する。

「オリジナルのカップ麺作りは、好みのつゆとトッピングを自由に選べます。フタが閉まれば何種類入れてもOK。地方限定の珍しいトッピングも用意していますよ」と広報さん。知られざるカップ麺の裏側に迫ってみよう! 応募はHPの応募フォームより。締切は7月28日(日)。申し込み多数の場合は抽選。

コンペイトウミュージアム やお(大阪府八尾市)

直径1.5cmの金平糖を作るのに要する時間は約2週間。大釜を使って器用にかき回す職人の手さばきにも注目を
作った金平糖は袋に入れてお持ち帰り! 記念の修了証ももらえる

室町時代にポルトガルからやってきたという歴史ある伝統菓子・金平糖。でもあの星のような独特の形、どうやって作っているの? そんな子供たちの疑問に答えてくれるのが「コンペイトウミュージアム」だ。

ここでは製造工程の見学や金平糖作り体験など、見て・聞いて・作って、金平糖の不思議を解明(1人1200円)。ミニ釜を使ってコンペイトウの色掛けと味付けができる手作り体験では、作りたてのあたたかい金平糖の試食ができる。ピンクなのにソーダ味、緑なのにピーチ味、といったユニークな組み合わせができるのも手作りならでは! 作ったオリジナルの金平糖は袋に詰めてお土産に持ち帰ろう。通常工場見学は10名~だが、夏休み期間は少人数でも体験できる特別日を設定(詳細はHPを確認)。また堺にあるプチミュージアムでも少人数から体験できる。

コカ・コーラボトラーズジャパン えびの工場(宮崎県えびの市)

コカ・コーラグッズに囲まれた記念撮影スポットも!
描いたり、切ったり、貼ったり…オリジナルのエコバックは工場見学の思い出に
えびの工場の1階にあるコレクションギャラリーには、貴重なグッズが700点以上展示されている

製造ラインの見学や試飲ができるコカ・コーラの工場見学はキッズたちに大人気。この夏は小学3年生~中学3年生とその保護者を対象に夏休み特別プログラム「工場で学ぼう! サマスクール」が開催される。

イベントでは、通常の工場見学に加え、正しい水分補給や飲み物選びのポイントの解説、さらにオリジナルエコバッグ作り体験も。すでに募集が締め切られた工場も多いが、8月20日(火)、21日(水)に開催する「えびの工場」の締切は8月5日(月)。公式HPの応募フォームより早めに応募を!

カップヌードルミュージアム 横浜(神奈川県横浜市)

「瞬間油熱乾燥法」で乾燥するまでの工程を体験できるチキンラーメンファクトリー。小学生300円、中学生以上500円(要予約)
マイカップヌードルファクトリーで作れる味の組み合わせは合計5460通り! 1食300円(入館後、先着順で整理券を配布、なくなり次第終了)
「ヒストリーキューブ」にはインスタートラーメンの歴代パッケージが大集結

インスタントラーメンを通して発明・発見のおもしろさを教えてくれるミュージアムには、子供たちの創造力や探求心を刺激する体験や展示がいっぱい!

中でもスープとトッピングを選んでオリジナルのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」と、チキンラーメンを小麦粉から作れる「チキンラーメンファクトリー」は自由研究にぴったりのアトラクションだ。クリエイティブな発想とあきらめない執念で世界初のインスタントラーメンを発明した“インスタントラーメンの父”、安藤百福の人生からも学べるものがたくさんありそう。

詳細情報

■全国の工場見学スポットはここでチェック!
https://www.walkerplus.com/spot_list/sg0110/

■東洋水産 関東工場
住所:群馬県舘林市赤生田本町3831-1
問い合わせ:03-3458-5413
工場見学応募フォーム:https://www.maruchan.co.jp/csr/society/fundraising/form/6213/ident/
※工場見学は夏休みなどに抽選で限定的に開催

情報は2019年07月22日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報