池袋 サンシャインシティで「きかんしゃトーマス」夏の大型イベント開催

池袋 サンシャインシティ(東京都豊島区東池袋)では2019年7月28日(日)まで、きかんしゃトーマスの大型アトラクションイベント「きかんしゃトーマスとなかまたち わくわくフェスティバル!」を開催中。展示や子供向けアトラクションのほか、イベント限定のグッズも販売されている。

その様子を動画ファッションマガジン「C CHANNEL」のクリッパー(投稿者)の浅井麻里さんがレポートしてくれた。「トーマスやパーシー、みんなに会うのが楽しみです」と浅井さん、さっそく会場へ!

展示は、『映画 きかんしゃトーマス GO!GO! 地球まるごとアドベンチャー』の舞台の一つ、アフリカからスタート

会場内の展示は、2019年4月に公開された『映画 きかんしゃトーマス GO!GO! 地球まるごとアドベンチャー』の舞台の一つ、アフリカからスタート。陽気な女の子の機関車“ニア”と友達になったトーマスが、ニアを連れてソドー島へ旅をするというテーマで展開されている。

ボールに見立てた水をトーマスに給水するゲーム「給水しよう」。葉っぱに向かってボールを投げれば給水完了!
エドワードとヘンリーが燃料切れに!ボールに見立てた石炭を石炭庫に投入しよう
「ソドー島へ急ごう!」では、台の上に乗るとゲームがスタート。台の上でジャンプをして機関車を走らせよう

奥へ進むと、「お仕事を手伝おう」コーナーが登場。ここでは、水をボールに見立てて機関車に給水をする「給水しよう」や、ボールに見立てた石炭を補給する「せきたんをもやそう」、機関車を走らせる「ソドー島へ急ごう」などが。「音楽や汽笛が鳴ったりで、子供が夢中になる仕掛けがいっぱいですね」と浅井さん。

パーシーと一緒にソドー島へ向かおう!
アニーの客車に乗ってソドー島へ。行き交う街並みにはデジタルで景色が変化する演出も

続いて「出発しよう!」のコーナーへ。ここではパーシーがお出迎え。フォトスポットで一緒に記念撮影をしたら、トーマスたちと一緒に走る客車のアニーに乗ってソドー島へと出発。「アニーの車内から見える景色にも仕掛けが!実際に訪れて体感してみてね」(浅井さん)

ソドー島のマップも展示

ソドー島に着く前に、ソドー島の全体図をチェック。マップには、大きな港があるブレンダムや、ソドー島で一番大きな駅、ナップフォードなど、ソドー島の名所が記されている。「ソドー島ってこんなに広いですね。地図も本物のように繊細に描かれていて、見応えがあります!」(浅井さん)

ソドー島に到着!ここで迎えてくれるのは…?
ソドー島ではジェームスがお出迎え。フォトスポットになっているので写真を撮ろう!

いよいよソドー島へ到着!「WELCOME HOME」と描かれた装飾には、華やかな風船のあしらいも。ジェームスがソドー島に帰ってきたトーマスとニアをお迎え。駅舎に入ったニアは、もうソドー島の一員だ。

華やかなニアのオブジェは今イベントの目玉!
トーマスの展示では車内に入ることもできるのでトライして!
レバーを引くと石炭が燃える様子を見ることができる

ニアと写真を撮ったら、お次はトーマスへ。なんと、実際に車内に入ることができる。汽笛を鳴らしたり、石炭が燃える様子を眺めることができるので、演出を楽しんで。

機関車のエミリーやヒロのフォトスポットも
特殊消防車のフリンとヘリコプタのハロルド。操縦席に入ることが可能で、レバーを引くとプロペラの回る音がしたり、ボタンを押すとゲージが光ったりと変化が楽しめる
フランキーとパーシーも!

ほかにも、機関車のエミリーやヒロ、特殊消防車のフリン、ヘリコプタのハロルド、クレーンのクランキーにトーマスの親友パーシーなど、ソドー島の仲間たちが大集結!

ユニークな写真が撮れるフランキーのフォトスポット

「クランキーのフォトスポットは、クランキーに吊られているような写真を撮ることができますよ」と浅井さん。木箱の中に入って、座ったり立ったりと工夫しながら楽しもう!

トーマスやパーシーが引く客車に乗れる「レッツゴートーマス」「レッツゴー」(各チケット1枚)
エアートランポリンの「ソドー島 ぼうけんふわふわ」(チケット1枚)

続いては、さまざまな体験型コンテンツが集結した「アトラクションゾーン」へ。子供が遊べる木製レールジオラマや、エアートランポリンなどがズラリ。各アトラクションは有料となっていて、プレイチケットは1綴り3枚600円と5枚900円で販売されている。

「木製レールジオラマ」(チケット1枚)
実際にレールで遊ぶことができる。定員12名の7分間の入れ替え制

巨大な「木製レールジオラマ」(チケット1枚)は、定員12名の7分間の入れ替え制。「港や街など、いろいろな風景が表現されています。木製だから温かみもあっていいですね」と浅井さん。

「プラレール きかんしゃトーマス ソドー島ジオラマ」の展示も
色鮮やかなプラレールで作られたソドー島の風景は圧巻!

さらに「プラレール きかんしゃトーマス ソドー島ジオラマ」も展示。実際に遊ぶことはできないが、ソドー島を立体的に感じることができる展示は迫力満点。「眺めているだけで時間を忘れちゃいそうです」。

ポーチやタオル、ステーショナリーにインテリアグッズなど約300種がそろう

ラストは「トーマスショップ」でショッピング。浅井さんは「種類も豊富で迷ってしまいますね…」とコーナーごとに並ぶアイテムをチェック。

「ぬりえつき じゆうちょう」(税抜250円)

「限定品は外せない!」と浅井さんが手にしたのは、「ぬりえつき じゆうちょう」(税抜250円)。表紙を開くと、トーマスやハロルドたちの塗り絵が付いている。

イベント限定「アクリルキーホルダー」(税抜各600円)
イベント限定「巾着」(税抜650円)は表と裏でデザインが異なる
イベント限定「プラコップ」(税抜600円)

さらに「アクリルキーホルダー」(税抜き各600円)や、表と裏でデザインが異なる「巾着」(税抜650円)、シンプルなデザインがかわいらしい「プラコップ」(税抜600円)もイベント限定アイテム。「大人が集めてもかわいらしいデザインが魅力♪」と浅井さん。

「大人の私も十分楽しめました」と浅井さん。彼女が手にしているのはイベント限定「ガーゼタオル」(税抜700円)

トーマスの世界を体感できるビッグイベント「きかんしゃトーマスとなかまたち わくわくフェスティバル!」を楽しんだ浅井さん。「子供向けのアトラクションや展示がメインとなっていて、小さな頃に戻れたみたいで楽しかったです。最先端の技術を体感できるデジタルコーナーなどもあるのでチェックしてみてね」

同イベントは2019年7月28日(日)まで!今年の夏休みは池袋 サンシャインで、トーマスたちの世界観を楽しもう。【ウォーカープラス/PR】

(C)2019 Gullane(Thomas)Limited.

詳細情報

■きかんしゃトーマスとなかまたち
期間:開催中〜2019年7月28日(日)
住所:豊島区東池袋3-1 池袋 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4階
会場:展示ホールA
電話:03-3556-6562(きかんしゃトーマス イベント事務局)
時間:10:00~16:30(最終入場は16:00)
休み:会期中無休
料金:大人(中学生以上)900円、子供(小学生以下)700円

情報は2019年07月20日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報