「新江ノ島水族館」の楽しみ方、イルカ&アシカショーから最先端の深海研究まで!

神奈川県・藤沢市にある「新江ノ島水族館」は、右手には富士山、左手には江ノ島が見える相模湾に面した場所にある。館内には相模湾を再現した大水槽や深海研究の最前線を公開中の深海コーナー、クラゲの癒やし空間などのほか、イルカ・アシカたちのダイナミックなパフォーマンスも楽しむことができる。どれも見応えは抜群で、週末には関東近郊からも多くの人が訪れるスポットだ。そんな「新江ノ島水族館」の楽しみ方について紹介する。

カピバラにエサをあげながら、食べる様子を間近で観察できる体験プログラムも

近隣施設とのセット割りもあり!最大1年3か月の期間で楽しみ放題の年間パスポートも!

イルカ、ウミガメ、カピバラなどの生物や、魚たちとのふれあいプログラム、貝殻や流木などの漂着物を利用した有料の体験プログラムも充実している同施設。これらは開館と同時に各回開催分の体験チケットを販売するので、参加したい場合はあらかじめ各プログラムのチケット販売場所を確認したうえで早めに行くことがおすすめだ。

入場料は、当日・前売りともに大人(大学生以上)2400円、高校生1500円、小・中学生1000円、幼児(3歳以上)600円。ほか、近隣施設とセットになった前売り券も販売し、例えば「江ノ島シーキャンドル」とのセット券なら、大人2950円、大学生および大学院生2000円、高校生2000円、中学生1700円、小学生1280円で購入できる。

また、小田急線や相鉄線・西武線、江ノ電などの乗車券をチケット売り場窓口で提示すると10%引きになる。適用条件は各社で異なるので事前に確認して活用を。

発行日から1年間何回でも入場できる「年間パスポート」は大人4800円、高校生3000円、中学生・小学生2000円、幼児(3歳以上未就学児)1200円と、通常料金の2回分だ。館内のショップやカフェに加えて近隣の店や施設をお得に利用できるほか、年間パスポートの更新を有効期限の3カ月前までに更新すると最大3カ月間の有効期間延長ができるなどのさまざまな特典も付く。

紹介した以外にもお得なチケットを多数用意しているので、詳細は公式サイトをチェックしよう。

片瀬江ノ島駅から徒歩3分と好アクセス!

最寄り駅は、徒歩3分で到着する小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅。ほか、江ノ島電鉄江ノ島駅や、湘南モノレールの湘南江の島駅からは徒歩約10分と複数の路線を利用できるため、アクセスのしやすさも大きな魅力。

車で行く場合は、東名高速道路厚木ICから国道129号134号経由で。近隣にある県立湘南海岸公園中部駐車場や片瀬海岸地下駐車場を利用しよう。

観客と思いが通じ合うイルカ&アシカショーは圧巻

【写真】相模湾をバックに迫力満点のイルカショーを楽しめる

同館で特に人気を集めているのがイルカショースタジアムで行なわれるショーイベント。なかでもイルカとアシカが登場する「きずな/kizuna」は必見。「もしもイルカやアシカの気持ちがわかったら?」をテーマにした内容は、「元気になる」「笑顔になる」との声が多数寄せられているとか。

普段は見ることのできない大水槽の裏側も映像で紹介している

また、相模湾大水槽内を泳ぐ魚たちと生物を飼育し、観客をもてなすスタッフ、「えのすいトリ―タ―」によるパフォーマンス「うおゴコロ」も人気。「えのすいトリーター」が直接観客とコミュニケーションを取り合って実施するパフォーマンスのため、子供たちの知的好奇心をくすぐる。

このほか、ペンギン愛溢れる「えのすいトリーター」がプール内でペンギンと遊ぶ「ペングィーン!」などのショーもあり。いずれも季節によりスケジュールが異なるため事前にチェックしておこう。

ロマンチックな空間から世界最先端の深海展示まで楽しめる

常時14種ほどのクラゲを楽しめる幻想的な空間

館内には16種類の展示コーナーがあり、特に人気を集めているのが「クラゲファンタジーホール」だ。クラゲの体内をイメージした半ドーム型の空間の壁面には大小13の水槽があり、中央には球型水槽「クラゲプラネット~海月の惑星~」が置かれている。薄暗いホール内と各水槽の照明演出とクラゲたちが悠々と泳ぐ姿が美しい幻想的な空間はデートにもピッタリだ。

太陽の光が届かない過酷な深海環境を再現し、飼育に挑む

神秘的な姿にファンも多い深海魚を見られる「深海l~JAMSTECとの共同研究~」は、日本初の深海生物の長期飼育に挑戦している、いわば新海研究の最前線。世界の海の95%を占める深海の不思議な世界を紹介している。また、深海生物の中でもきわめて特殊な「化学合成生態系」で生きる生物を飼育研究する水槽は、世界で初めて深海の環境を再現した貴重な展示なので必ず見ておきたい。

なお、開館時間は季節により異なるが、閉館時間は1年を通して最終入館が16時、閉館が17時で統一されている。盛りだくさんの館内をじっくり楽しみたいなら、遅くともお昼前後には入館することをおすすめする。

於ありさ

詳細情報

チケットを購入して並ばずに入場しよう!
PassMarket
チケットを購入

情報は2020年07月02日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

神奈川県の夏休みイベント・おでかけスポットを探す

おすすめ情報