小岩井農場まきば園の楽しみ方を解説、動物たちとの触れ合いにジンギスカンやお土産も!

岩手県岩手郡雫石町と滝沢市にまたがる小岩井農場まきば園。1891(明治24)年に開設され、総面積約3000ヘクタール(900万坪)の広大な敷地に約2000頭の牛たちが暮らす、日本最大級の民間総合農場だ。

観光エリアとして「まきば園」を一般開放し、毎日さまざまなイベントやツアー、アクティビティを開催。また、園内にあるレストランでも、安全・安心で質の高い小岩井農場産素材をふんだんに使用したグルメやお土産を提供している。そんな、楽しみが豊富な小岩井農場まきば園の見どころや注目ポイントを紹介!

※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください。

【見どころ】小岩井農場の歴史や自然を感じるガイド付きツアー

敷地が広大なだけあり、多彩なイベントやツアー、アクティビティが開催される小岩井農場まきば園。「『小岩井農場まきば園』は広大な自然の中でさまざまな楽しみ方ができます。ツアーに参加して自然や歴史を知ったり、広場やアクティビティで思いっきり遊べるほか、動物たちを眺めたり、のんびり散歩しながら自然を楽しむこともできますよ」と案内をしてくれたのは、広報の土橋さん。

土橋さんに参加すべきツアーやイベントを聞いてみた。

「ファームトラクターライド」中学生以上800円、4歳以上400円

「『ファームトラクターライド』はトラクターがけん引する客車に乗り、非公開森林エリア『小岩井農場100年の森』をガイドが案内するツアーです。頬に受ける風や森の香りを感じながら、小岩井農場の豊かな自然を肌で感じることができるのでおすすめです」と土橋さん。

「小岩井自慢のホルスタインに会いに行こう!」は参加料1人500円

そのほか、「小岩井自慢のホルスタインに会いに行こう!」も好評。まきば園の隣にある「上丸牛舎」を、ガイドが案内するウォーキングツアーで、小岩井の酪農の歴史を紹介しながら、農場限定で販売する低温殺菌牛乳を牛を眺めながら飲むことができる。

【イベント】動物たちと触れ合えるイチ押しイベント2選

続いて土橋さんおすすめのイベントを2つ教えてもらった。

「小岩井ひつじショー」は日曜・祝日の11時~(約20分)開催

ひとつ目は、羊飼いや牧羊犬の活躍する「小岩井ひつじショー」。岩手山をバックに放牧された羊の群れという絶景を楽しめる、一番人気のイベントだ。

毎日開催される「ポニーのおやつタイム」は10時30分~、14時~の1日2回※各先着10組

そして2つ目は「ポニーのおやつタイム」。かわいいポニーにおやつのニンジンをあげて仲良くなる体験イベント。受付は先着順で、おやつは1カップ300円で販売。動物とたくさん触れ合って、その優しい表情に心を癒やされよう。

【グルメ】ジンギスカンからオムライスまでおいしさも多彩に

「ソフトクリームやジンギスカンなど、農場ならではのグルメを豊富にご用意しています。動物との触れ合いからグルメまで、多彩な『楽しい!』が体験できる施設です」と土橋さん。

屋内レストラン「山麓館農場レストラン」では、雄大な岩手山やまきば園の広々とした広場などを眺めながら、ジンギスカンや洋食が味わえる。

定番人気は、自家製タレを付けて食べる「ラムジンギスカンセット」1400円。ラム肉と焼き野菜、ごはん、みそ汁が付くのでお昼ごはんに好評だ。

【写真】小岩井農場まきば園で人気のラムジンギスカンセット

洋食なら「小岩井の恵みプレート」(スープ&サラダ付き)がおすすめ。小岩井低温殺菌牛乳や農場産牛肉のシチュー、農場産牛肉のグリル、ミルク館のハロウミチーズなど農場のおいしさがセットになっている。

農場産の食材を使用した小岩井の恵みプレート2200円
まきばオムライスはトマトソース1100円、デミグラスソース1300円の2種

特製ミルクライスと小岩井純良バターをたっぷりと使用した、ふわとろの「まきばオムライス」もぜひ味わいたい。さらに軽食コーナーでは、小岩井農場の牛からとれた生乳を使ったソフトクリームやジェラートも販売している。

新鮮な生乳の味わいを生かした、名物のソフトクリーム400円

豊かな自然を感じながら炭火で焼いたジンギスカンを楽しめる、半屋外の開放的なレストラン「炭火焼バーベキュー食堂」といった施設も家族連れに人気が高いそう。

【攻略法】午前中に毎日開催のツアーやイベントに参加すべし

土橋さんは「毎日開催しているツアーやイベントに参加することで、一日中楽しむことができます。夕方からはお土産を選びながら帰るまでの時間をのんびり過ごして、ソフトクリームを食べながら自然いっぱいの景色を楽しむことができますよ」と教えてくれた。

おすすめの回り方は、「午前中は『ファームトラクターライド』(所要時間約45分)や『小岩井自慢のホルスタインに会いに行こう!』(所要時間約45分)に参加するのがおすすめです。農場の歴史や牛のくらしの秘密などをガイドが豆知識を交えながら楽しく案内します。ツアー後のお昼ごはんにはジンギスカンがぴったりです。午後からはのんびり散歩しながら『ポニーのおやつタイム』(所要時間約20分)に参加し、かわいいポニーにおやつをあげながらゆっくりした時間を過ごすことができます」と土橋さん。

元気いっぱい遊べる「あそびの広場」

「低温殺菌牛乳を使ったバターづくり教室」(1人500円)や、ブランコ、すべり台といった楽しい遊具で遊べる「あそびの広場」など、手作り体験やアクティビティも多彩なので、時間が許すかぎり楽しんで。

【お土産】マストで買って帰りたいお土産ベスト2はコレ!

小岩井農場まきば園にある山麓館農場などの売店では、小岩井農場の牛からとれた生乳を使ったチーズやのむヨーグルト、アイスクリームを販売。また、小岩井農場まきば園でしか買えない、お土産も多彩に用意。数あるお土産の中から、マストで買って帰りたい、自慢のお土産ベスト2を紹介。

まずひとつ目は、農場産の小麦粉やバターを使った、純良発酵バターケーキ(1868円)。

純良発酵バターケーキ1868円(約300グラム)

小岩井農場で生産される小麦や小岩井伝統の醗酵バターをふんだんに使用。農場内の「朴ノ木」で作成した木枠の中でじっくりと時間をかけて焼き上げる。手間ひまをおしまず、おいしさを追求した逸品だ。

2つ目は、かわいい牛柄模様のバターケーキ、うしさんのきもち(1080円)。

うしさんのきもち1080円(6個入)

うしの黒の模様部分をココア風味に仕上げた、見て楽しい、食べておいしいバターケーキ。コーヒーはもちろん、紅茶とも相性がいいので、ファンが多いのもうなずける。

【アクセス】電車で行く場合は、盛岡駅でバスに乗り換えを

車でのアクセスなら、東北自動車道盛岡ICより約15分。国道46号線を秋田方面へ直進し、「繋十文字交差点」を右折してさらに直進、小岩井農場まきば園前を右折する。駐車台数は1500台(無料)。

電車でのアクセスは、JRまたはIGRいわて銀河鉄道盛岡駅からバスに乗り換え。盛岡駅前10番乗り場「小岩井農場まきば園行き」バスで約35分。

【施設データ】入場料や開園時間などをチェック

入場料は中学生以上800円、5歳~小学生300円(体験は一部有料)。6月の営業時間は10時~16時(最終入場15時)。休園日はないが、営業時間が季節などによって変更するので、おでかけ前に公式HPの最新情報を確認して。

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】

・入場時の検温にご協力ください(37.5度以上の発熱が確認されたお客様の入場をお断りさせていただきます)。

・マスクの着用や咳エチケットへのご協力をお願いいたします。

・園内の各所に手洗い設備を設置しておりますので、こまめな手洗い・手指消毒をお願いいたします。

・従業員は出勤前に検温を行うなど体調管理を徹底します。

・接客を担当する従業員はマスクを着用します。

・定期的に清掃・消毒を行い、施設の衛生維持に努めます。

・遊具などについては、1日に複数回消毒作業を行います。

・食堂・売店への入店人数の制限を行う場合がございます。

・食堂については座席数を減らし間隔を設けます。また、ブッフェスタイルでの提供メニューを休止し、個々の料理提供とします。

・会計時はトレーでの現金授受を行います。

・園内の乗り物については、飛沫感染防止のため、座席数の減、座席間への透明シートの設置などを行います。

取材・文=下八重順子

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年5月時点の情報です。

詳細情報

■小岩井農場まきば園 公式サイト
https://www.koiwai.co.jp/makiba/


ウォーカープラス公式Twitterアカウント

情報は2020年07月01日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報