あすたむらんど徳島の魅力を紹介!科学&遊びで丸一日を満喫

徳島県にある「子ども科学館」を中核施設とした、科学と自然に触れる大型公園「あすたむらんど徳島」の楽しみ方を解説。見どころからお土産の解説まで、おでかけの際に知っておくと便利な情報を徹底レポート!(※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください)

あすたむらんど徳島ってどんなところ?体験型施設が充実した家族連れに人気スポット

緑豊かで広大な園内には「子ども科学館」をはじめ、プラネタリウムや万華鏡装置を駆使したカレイドシアターといった体験型施設に、無料で遊べる遊具やアスレチックコース、迷路などがある「あすたむらんど徳島」。“お弁当を持って1日外で楽しみたい!”という家族連れに大人気のスポットだ。

【アクセス】“あすたむ”ファンクラブなどのお得情報も!

あすたむらんど徳島の広い敷地内には、さまざまな体験施設や大型遊具が

アクセスは電車の場合、JR板野駅から車で5分。バスの場合、JR徳島駅や板野駅よりあすたむらんど徳島行きのバスが運行している。車の場合、高松自動車道の板野ICから車で5分、徳島自動車道の藍住ICから車で15分。駐車場は普通車約1300台、大型バス28台収容の無料駐車場がある。

料金は入園料無料だが、ムーンウォーカーなどが体験できる「子ども科学館」の常設展示場とプラネタリウムはともに、各大人(高校生)以上510円、小・中学生200円が必要だ。また、阿讃山脈の南面に広がる板野・上板・土成町の昭和の生活を再現した空間が広がる「四季彩館」で体験できる、万華鏡映像装置により約12分間の映像が見られるカレイドシアターは大人310円、小・中学生100円。小舟に乗って渓流下りなどが楽しめる「吉野川めぐり」は大人310円、小・中学生100円(すべて税込)。いずれも小学生未満は無料になる。

会員を対象としたイベントに参加できたり、有料施設利用券がプレゼントされるなどの特典が付く“あすたむファンクラブ”も要チェック。小学生以上ならだれでも会員になることができ、会費は無料。園内で配布している登録用紙に必要事項を記入して「四季彩館」に提出するか、公式HPやはがきでの申し込みもOK。入会すると“あすたむピンバッチ”がプレゼントされる。

ほかに、タイムズ駐車場やJAFの会員証、イオンマークのカードを提示すると、カレイドシアター、子ども科学館常設展示場、プラネタリウムの利用料金が20%割引になるといったサービスもあるので、料金を支払う際にスタッフに確認してみよう。

開園時間は9時30分〜17時(子ども科学館は16時30分まで)。例年7月1日〜8月31日は18時まで延長している。「四季彩館」「吉野川めぐり」「子ども科学館」の利用は閉園30分前まで。休園日は水曜、祝日の場合は翌日(8月12〜15日の水曜日は除く)となっている。

【見どころ!】子ども科学館で遊びながら宇宙や生命、技術の進歩を知ろう

【写真】月面を散歩する感覚を擬似的に体験できる装置「ムーンウォーカー」
体感シアター「アルファ21」のタイムマシンに乗ってバーチャル旅行! 

“宇宙と地球”、“生命と環境”、“科学技術と人間”をテーマに、さまざまな体験ができる「子ども科学館」。展示物は、科学に親しみが持てるよう可動装置や実験装置、実演などを多く取り入れ、見学者が直接触れて、操作しながら学ぶことができるよう工夫されている。

月面を散歩する感覚を擬似的に体験できる装置「ムーンウォーカー」やバーチャル旅行気分が楽しめる体感シアター「アルファ21」などは、子供たちに大人気!

力の計測装置「運動チェック つな引き」。カブトムシと綱引き勝負も!果たして勝てるのか!?
エネルギー保存の法則を楽しみながら観察できる、屋外展示の「ゴロゴロコースター」

カブトムシの角を型取った力の計測装置「運動チェック つな引き」では、カブトムシと綱引きをしている気分に!屋外展示の「ゴロゴロコースター」では、ボールがいろいろなルートに分かれて音を出しながら転がり落ちることで、エネルギー保存の法則を学ぶことができる。

施設担当者の折野文里さんによると、「『子ども科学館』常設展示場では、約120種類の展示物に触れ、遊びながら科学を学ぶことができます。なかでもおすすめは『屋内サイエンスショー』。科学館のスタッフが科学の不思議さやおもしろさをわかりやすく解説してくれます。子供はもちろん、大人の方も夢中になって見入ってしまいます。わぁっ!と驚くような実験ショーをぜひ見に来てください」とのこと。毎日10時40分〜、14時〜の2回、休日のみ屋外にて3回目が15時45分〜実施されるので、参加しよう!

【お土産】子ども科学館内のミュージアムショップ

「宇宙食たこやき」(税込540円)
リアルなイラストと動物クイズがついた「リアルアニマルトランプ」(税込1210円)
自宅で天気予報ができる「ザ・フロッグウェザーリポーター」(税込1650円)

ほかでは手に入らないグッズがそろうミュージアムショップも。子ども科学館のエントランスホールにあるので、入館無料で誰でも利用が可能。サクッと軽い食感の「宇宙食たこやき」(税込540円)や、動物クイズがついた「リアルアニマルトランプ」(税込1210円)といった、科学や宇宙、恐竜などにちなんだアイテムが充実している。

おすすめは、インテリアとしても活躍してくれる「ザ・フロッグウェザーリポーター」(税込1650円)。まんまるとしたキュートなカエルの透明ガラスに水を注ぐと、傘のようになった筒にも水が移動する。その水が上下することで天気を予想することができるという、水銀気圧計の仕組みを応用したアイテムだ。眺めているだけでも癒やされるので、見つけたらぜひ手にとって。

【見どころ2】雨の日だってワクワク!屋内施設の数々

直径20メートルのドームに映し出すのは約3万8000個の星が浮かぶプラネタリウム
直径20メートルのドームに映し出すのは約3万8000個の星が浮かぶプラネタリウム

「子ども科学館」のほかにも、園内にはダンボールクラフトなどを作れる「体験工房」といった屋内施設があり、天気が悪い日でも子供から大人まで充実した時間を過ごすことができる。

約3万8000個の星が映し出される「プラネタリウム」では、四季折々の星座の物語を紹介。投映時間は約50分間で、その日の夜に見ることのできる星や星座の生解説が行われる。

「四季彩館」では、幻想的な空間に包まれる万華鏡映像装置“カレイドシアター”がイチ押し。約12分間にわたり、天井や壁面に四季の移り変わりや宇宙の神秘、幾何学映像など、万華鏡の原理を利用した映像が投影される。ほかでは体験できないシアターで不思議な世界を体感しよう。

さらに園内には、屋外の巨大なテント棟「ジャンボパラソル」があるので、雨の日や炎天下の日でもお弁当を広げてピクニック気分を楽しむこともできるので、ぜひ利用して。

【見どころ3】広い芝生を思いっきり転げまわったり、遊具で体を動かそう!

約30種の遊具がある「わんぱく砦」。数の多さにどの遊具で遊ぼうか迷ってしまう!
体験工房の前にあるじゃぶじゃぶ池
多目的に楽しめる「芝生広場」の広さはなんと約9000平方メートル!

入園料、駐車場代ともに無料なのに、こんなに楽しめるのってすごい!と感じられるのが、「冒険の国」と「探検の国」エリア。「冒険の国」には約30種の遊具のほか、迷路や水遊びの場所があり、子供たちが思いっきり体を動かして楽しめるものばかり。

「水を利用した遊具が集まっている『ウォーターパラダイス』では、水鉄砲で池の中のリングを狙う『ウォーターシューティング』や水に浮かぶトランポリンの『プカドーム』など約10種類の水遊びが楽しめます。近くには、保護者の方がお子様を近くで見守れる休憩スペースもありますので、安心してお楽しみいただけます」と話すのは施設担当の折野さん。

「探検の国」にある「わくわく原っぱ」には、音の散歩道や人工の霧で人を包み込むフォグプール、自然の力や科学の不思議を体験できるオブジェなどがあり、子供たちの想像力をかきたててくれる。1日じゃ遊びきれない広さと楽しさに、夢中になること間違いなし!

【グルメ】レストラン・売店でランチや小休憩もおすすめ

人気の「からあげ定食」(税込850円)。ごはん、味噌汁、香の物などがつく
Passo Caféの「アイスクリームワッフル」(税込470円)

「くつろぎ館」にはレストラン、売店があり、ファーストフードや麺類、定食類などのメニューが味わえる。レストランでは「ソフトクリーム」(税込350円)や「フランクフルト」(税込250円)などの軽食、ドリンクのほか、麺類、カレーや丼、定食などが食べられる。一番人気のメニューは、ボリュームたっぷりの「からあげ定食」(税込850円)だ。

カフェ「Passo Cafe」では、ドリンクのほか、「ワッフル」(税込420円〜)や「ホットケーキ」(税込420円)のほか、スパゲティなどのパスタ類、ピラフやピザといったイタリアン軽食も楽しむことができる。

くつろぎ館のレストラン営業は、食事メニューは平日11時〜15時、土・日曜・祝日は15時30分まで、軽食・ドリンクは9時30分〜16時30分、売店は11時〜16時30分。「Passo Café」では食事メニューは9時30分〜15時30分、ドリンクは16時30分まで。※時間が変更になる場合あり。

【攻略法】天気によって楽しみ方もさまざま!おすすめの回り方を伝授

水に浮かんだトランポリンなどで楽しむ「ウォーターパラダイス」
迫力の渓流下りが体験できる「吉野川めぐり」

屋外と屋内、どちらも多彩な施設が集結している「あすたむらんど徳島」。子供たちの好奇心をくすぐるアトラクションや展示ばかりなので、所要時間は1日をみておきたい。

まず晴天の日は、午前中に到着したら「冒険の国」にある大型複合遊具「わんぱく砦」で滑り台を楽しんだり、水を利用した遊具がそろう「ウォーターパラダイス」で水遊びを満喫しよう。ランチは芝生広場や園内に点在しているベンチなどでお弁当、またはレストラン「くつろぎ館」でリラックスタイムを。午後は「子ども科学館」の屋外展示を巡り、サイエンスショーに参加しよう。

時間に余裕があれば、最後に「吉野川めぐり」にトライ!園内にある風車の丘のふもとに位置する北駅から南駅までの乗船コースは約4分間。阿波のたぬきや鳴門の渦潮をイメージした“渓流くだり”では、さまざまな演出で徳島の魅力を感じることができる。

子どもたちや親子連れを対象にした「体験工房」でクラフト体験

雨の日は、「体験工房」でオリジナルの工作づくりに挑戦!「パッチンキーホルダー」(税込110円)、「ダンボールクラフト」(税込150円〜)と値段も手ごろで、期間限定の工作メニューも実施している。所要時間は90分程度なので、終わったらランチでひと休み。午後は、屋内施設の「子ども科学館」や「プラネタリウム」「四季彩館」で遊びながら化学や宇宙、万華鏡の世界を体験しよう。

ほかにも、四季折々の花が美しい「ウェルカムガーデン」や、花の咲く草原(丘)と風車のある「風車の丘」など、見どころがいっぱいの「あすたむらんど徳島」。科学と自然を思いっきり楽しめる、子どもから大人まで大満足のスポットだ。

【おすすめ】施設担当者に聞く!あすたむらんど徳島の魅力

「インフォメーションセンターでは、ベビーカーの貸出し、四季彩館や子ども科学館には、授乳室や簡易のベビーベットもございますので、小さなお子様をお連れの保護者の方も、安心してご利用いただけます。自然と科学に触れ、遊びながら学ぶことができる『あすたむらんど徳島』へぜひお越しください」(あすたむらんど徳島 折野文里さん)

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】

・マスクの着用にご協力ください。

・ソーシャルディスタンス確保のため、座席の間隔を空けております。

・消毒用アルコールを設置しております。 手指の消毒にご協力ください。

取材・文=石澤理香子

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年5月時点の情報です。

詳細情報

■あすたむらんど徳島
住所:徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22
アクセス:【電車】JR板野駅から車で約5分 【車】徳島自動車道藍住ICから約15分または高松自動車道・神戸淡路鳴門自動車道板野ICから約5分
予約:団体のみ要予約
営業時間:9:30~17:00 子ども科学館は~16:30
定休日:水曜(祝日の場合翌日)
駐車場:1300台(無料)
料金:入館料 大人(高校生以上) 510円 小・中学生 200円 小学生未満無料 団体(20名以上)割引料金 大人(高校生以上) 410円 小・中学生 160円
電話番号:088-672-7111(問合せ専用)、088-672-7112(予約専用)

■あすたむらんど徳島 公式サイト
http://www.asutamuland.jp/


ウォーカープラス公式Twitterアカウント

情報は2020年07月27日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報