夏のとうきびとビールを楽しむ!北海道勇払郡で「とうきビアガーデン」開催中

北海道勇払郡の星野リゾート トマムで8月31日(月)まで、「とうきビアガーデン」が開催されている。

2018年4月18日から夏季営業が開始され、全長160メートルのウッドデッキに飲食店が立ち並ぶ

会場は広大な敷地と針葉樹林に囲まれた星野リゾートトマム内のホタルストリート。ゲレンデの中腹にあり、日本初のウィンタースポーツを楽しみながら買い物・食事ができるスポットとして2017年12月にオープンした。その後、同会場では、春、夏、秋、冬と北海道の季節を感じられるイベントを開催している。会場内にあるcafe&bar「つきの」店舗前にはオープンテラスが設けられ、開放的な空間で北海道の心地よい風を体感し、楽しむことができる。

【写真】トマムザ・タワーから徒歩5分にあるホタルストリート

担当者は「北海道のとうきび生産量は全国1位(農林水産省『作物統計調査』)で、昼と夜の寒暖差により甘くておいしいのが特徴です。当イベントでは北海道に馴染み深いサーモンやバター・チーズなどのオリジナルとうきび(各500円)や数量限定で7種類の味が一気に楽しめる『レインボーとうきび』(1500円)が登場します。また、北海道を代表する10種類のビール『小樽ビール』や『網走ビール』(各700円)などもあり、幅広い年齢層の方に楽しんでいただけます」と来場を呼び掛ける。

大自然の中で北海道を満喫し、心安らぐひとときを味わおう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

詳細情報

ウォーカープラス公式Twitterアカウント


情報は2020年08月06日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報