自由研究にもピッタリ!?遊んで学べるゲームプログラムソフトを試してみた

全国

Nintendo Switch用ゲームソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』(パッケージ版3480円、ダウンロード版2980円)
Nintendo Switch用ゲームソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』(パッケージ版3480円、ダウンロード版2980円)

任天堂は6月11日より、同社携帯ゲーム機「Nintendo Switch」用ゲームソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』の販売を開始した。

パッケージ版『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』(3480円)
パッケージ版『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』(3480円)


価格はパッケージ版が3480円、ダウンロード版が2980円。発売前から「気になる!」とネットでも話題になっていたこのゲーム。難しそうと敬遠されがちなゲームプログラミングが、カンタンに楽しめるということで実際にプレイしてみた。

課題を通して「プログラミングの基本」を学べる


『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』は、数多くの名作ゲームを手掛けた任天堂の開発室から生まれたプログラミングソフト。プログラミングというと、テキスト(コード)を記述すると思いがちだが、このゲームは、オブジェクトを視覚的に組み合わせて行うもの。

具体的には、ノードンと呼ぶ、Nintendo Switch内に住む「不思議な生き物」を駆使してゲームのプログラミングを行う。

障害物などを発射する際に用いる「モノ」ノードンの、モノを発射ノードン
障害物などを発射する際に用いる「モノ」ノードンの、モノを発射ノードン


ゲーム内は、ナビゲーションに従ってゲームプログラミングが体験できる「ナビつきレッスン」と、自由にゲームをつくることができる「フリープログラミング」の2種類のモードが用意されている。ナビつきレッスンは、いわば取扱説明書のようなものなので、課題を通して、操作方法はもちろんのこと、プログラミングの基本的な考え方を学ぶことができる。

「ナビつきレッスン」のタイトル画面
「ナビつきレッスン」のタイトル画面


レッスンは全部で7種類。アクションゲームからシューティングゲーム、謎解きにカーレースまで、内容はさまざま。これを習得すれば、あとは自分の創意工夫でオリジナルゲームを作ることができるだろう。

「ナビつきレッスン」では、ひとつひとつステップをクリアしながらゲームを作り上げていく
「ナビつきレッスン」では、ひとつひとつステップをクリアしながらゲームを作り上げていく


実践スタート!一見難しそうに思えるが、やってみると簡単


早速に試してみることにした。プログラミングは、実際のゲーム画面とプログラムを記述する(ノードンを配置する)画面の2種類を行き来しながら行う。

鬼ごっこゲームのゲーム画面
鬼ごっこゲームのゲーム画面

鬼ごっこゲームのプログラム画面
鬼ごっこゲームのプログラム画面


ノードンはそれぞれに働きがあり、大きく「入力」「中間」「出力」「モノ」の4種類に分類される。

「入力」ノードンのスティックノードン。スティックの動きを伝える
「入力」ノードンのスティックノードン。スティックの動きを伝える


「入力」ノードンは、動きを発動させる条件を設定する。たとえば、「ボタンが押された」ことを伝えるボタンノードンや「かたむけられた」ことを伝えるかたむきノードンなどがいて、それぞれ指定されたアクションが行われると、次のノードンへと伝える役割を持つ。

「中間」ノードンのタイマーノードン。タイマー設定ができる
「中間」ノードンのタイマーノードン。タイマー設定ができる


「中間」ノードンは「入力」後の条件や動きをさらに細かく指定するもの。「〇分後にアクションする」というようなタイマーを設定するタイマーノードンや、「指定するオブジェクトの色を覚える」スポイトノードン、「〇〇“じゃない”ものを選ぶ」NOTノードンなどがいる。

「出力」ノードンのリトライノードン。条件を満たすとゲームをリトライできる
「出力」ノードンのリトライノードン。条件を満たすとゲームをリトライできる


「出力」ノードンでは、「入力」「中間」で設定された条件を満たした場合、どんな動きを起こすかを設定する。音を鳴らすノードンはその名の通り「指定された音を鳴らす」、重力を減らすノードンは「指定されたオブジェクトを浮遊させる」ことができる。

「モノ」ノードンのヒトノードン。ヒトのキャラクターが出てきて指定された動きを実行する
「モノ」ノードンのヒトノードン。ヒトのキャラクターが出てきて指定された動きを実行する


ゲームを通じて「家族の触れ合い」が生まれ、知育教育にも使える


最後に「モノ」ノードンは、指定するオブジェクトや動きを設定するものだ。ヒトノードン、クルマノードン、UFOノードンなど、それぞれの「モノを出して指定された動きを実行する」タイプや、うごかせるモノノードンのように「指定したものを指定した方向に動かす」、モノを発射ノードンのように「指定されたモノを発射する」、エフェクトノードンのように「“爆発する”などエフェクトを実行する」といった実行する動きを指定するタイプなどがある。

【画像】スティックノードン(左)とヒトノードン(右)。これをワイヤーと呼ばれる線で繋げることで、プログラムを設定。スティックを使って画面内のヒトが動くようになる
【画像】スティックノードン(左)とヒトノードン(右)。これをワイヤーと呼ばれる線で繋げることで、プログラムを設定。スティックを使って画面内のヒトが動くようになる


そこで、たとえばスティックを動かす「入力」ノードン、スティックノードンと、人のキャラクターの「モノ」ノードン、ヒトノードンを線でつなげる。そうすると、ゲーム画面上のヒトの形のキャラクターが、スティックで動くようになるのだ。

ノードンを細かく設定することで、色や動きなどの設定が可能だ
ノードンを細かく設定することで、色や動きなどの設定が可能だ


この要領で、壁を作ったり、仕掛けを配置したりするほか、時間やタイミングなど、細かい設定を与えて、ゲームバランスを調整していく。一見難しそうに思えるが、やってみると簡単で、キャラクターが動くだけでも感動する。モノづくりの基本である「作る歓び」をゲームで味わえた。チュートリアルでゲームを完成させてみると、思ったより簡単に作り上げられたことに驚くとともに、なによりできた歓びはひとしおだ。

ノードンを選択している様子。実にわかりやすい
ノードンを選択している様子。実にわかりやすい


擬人化されたノードンたちは、実に親しみやすく、また漢字にはルビがふられているなど、小学校低学年でも扱えるようになっているのも好印象。専門用語も少ないので、普段ゲームに親しみのない人でも、すんなりと取り組むことができる。

外でプログラミングをすることも可能だ!
外でプログラミングをすることも可能だ!


また、Nintendo Switchのソフトなので、場所を選ばずにプログラミングができるのも良いところ。外でプログラミングできるのはもちろんのこと、テレビと接続し大画面でプログラミングをすることもできるので、家族みんなで考えることもでき、知育教育にも使えるかもしれない。

ノードンふりかえりカード
ノードンふりかえりカード


夏休みの自由研究にもピッタリ!


パッケージ版には「ノードンふりかえりカード」が付属しており、ゲームをしていない時にも、ノードンの機能や使い方を確認することができる。単なる取扱説明書のような使い方はもちろん、カードゲームの要領で、プログラミングをする前に考えをまとめるのにもよいだろう。

オリジナルイラストを描いている様子
オリジナルイラストを描いている様子


フリープログラミングでは、ゲーム側が用意しているキャラクターのほかに、自分で描いたキャラクターを操作したり、絵を描いて背景にしたり、BGMをつけたりと、思いのままに表現することもできる。自由度が高いので、使いこなせばオンリーワンのゲームを生み出すことだって夢ではない。

作成したゲームのリスト画面。画面左側にある「公開する」を選ぶと、自分のゲームを他の人に遊んでもらうこともできる(Nintendo Switch Onlineへの加入が必要)
作成したゲームのリスト画面。画面左側にある「公開する」を選ぶと、自分のゲームを他の人に遊んでもらうこともできる(Nintendo Switch Onlineへの加入が必要)


こうして作り上げたオリジナルのゲームは、インターネットやローカル通信で公開することもできる。たとえば夏休みの自由研究として「Nintendo Switch用のゲームを作成して公開した」という使い方もできそうだ。 

プログラミング言語は独自だが、ビジュアル環境下でオブジェクトを紐づけ、細かく設定をしてプログラムを作りあげる工程は、実際のプログラミングそのもの。なにより、「順序立てて考え、試行錯誤し、ものごとを解決していく」というプログラミング的思考を、遊びながら養うことができる。

プログラミング教育は2020年から小学校で必修化されたほか、2024年から始まる大学入学共通テストでは、プログラミングなどの情報科目を導入する方針ともいわれている。だが、プログラミング的思考は学校教育で身につくほど簡単なものではない。このNintendo Switch用ゲームソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』は、大人が愉しむのはもちろんのこと、子供の将来への準備にも役立つこと間違いナシのゲームといえるだろう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

詳細情報

2021年6月11日発売
Nintendo Switch
『ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング』
パッケージ版3480円/ダウンロード版2980円
公式HP:https://www.nintendo.co.jp/switch/awuxa/

▼夏を楽しむための情報満載!夏休み特集はこちら

情報は2021年6月15日 13:00時点のものです。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。