夏休みのおでかけ、約4割が「予定あり」 コロナ禍でも条件つきなら「おでかけしてもよい」という傾向に

全国

コロナ禍で揺れる中迎える二度目の夏。東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い今年も夏の祝日が移動するなど、例年とはさまざまな違いのあるお盆休みとなる。今回、ウォーカープラス編集部では読者1695人を対象に「今年の夏休みはどうする?」をテーマにアンケートを実施。今年の夏休みの予定や、コロナ禍でのおでかけに対する意識を調査した。(アンケート期間:2021年6月18日~24日、回答者数:1695人/ウォーカープラス調べ)

おでかけやオリンピックなど夏休みの過ごし方を調査
おでかけやオリンピックなど夏休みの過ごし方を調査


今年のお盆休みは「5日」が最多。10日以上の人も

【画像】アンケート結果を見る
【画像】アンケート結果を見る

今年は東京オリンピック・パラリンピック開催の関係で山の日(例年は8月11日)が8月8日に移動。8月7日(土)~8月9日(月・振替休日)の3連休から平日を3日挟んだ後、8月13日(金)~16日(月)が一般的なお盆期間となる。

ウォーカープラス読者に土日を含む今年のお盆休みの日数を聞いたところ、休みがある人の中で最も多かったのは「5日」(18%)。「2日」「3日」はともに12%で、一般的なお盆休みの日数となる「4日」は8%という結果となった。また、学生の夏休みを除く、12%の人は「10日よりも多い」と回答した。仮に10~12日の3日間を休みにしても10連休。それ以上に休みを取る人が一定数いるようだ。

コロナ禍以前は約半数が毎年どこかに夏のおでかけをしていた
コロナ禍以前は約半数が毎年どこかに夏のおでかけをしていた

さらに、例年および昨年の夏のおでかけについても調査。「例年(一昨年まで)夏休みは旅行・おでかけをしていた?」という質問では、「毎年どこかに旅行・おでかけをしていた」(49%)、「2~3年に1回は旅行・おでかけをしていた」(16%)、「5年に1回は旅行・おでかけをしていた」(2%)という回答結果に。回答者の60%強が少なくとも5年に1回は夏のおでかけをしていたことが分かった。

コロナ禍の昨年、宿泊ありでおでかけをした人の合計は21%
コロナ禍の昨年、宿泊ありでおでかけをした人の合計は21%

一方、昨年の夏休みについても同様に質問したところ、「旅行・おでかけはしなかった」(54%)が最も多かった。旅行をした人(国内・海外)の割合は21%、日帰りでのおでかけも21%で、約4割の人が昨年の夏休みにおでかけをしたと回答した。

今年の夏休み、何らかの形でおでかけ予定が43%。家族旅行の意向が強め

今年の夏休みの予定は?
今年の夏休みの予定は?

同様に今年のおでかけの予定についての質問では、「旅行やおでかけはせずに基本的に家で過ごす」(24%)が最多となった。また「近場や日帰りでおでかけの予定を立てている(県内)」(11%)、「近場や日帰りでおでかけの予定を立てている(県外)」(9%)と日帰りでのおでかけを楽しむ予定の人が全体の2割。

宿泊込みの旅行・おでかけでは、「国内旅行の予定を立てている(県外)」(14%)が最も多く、「帰省する予定を立てている」(6%)「国内旅行の予定を立てている(県内)」(3%)、「海外旅行の予定を立てている」(1%未満)と続いた。日帰り・宿泊込みの旅行を合わせると、何らかの形で夏休みのおでかけを検討している人は全体の43%に上り、現時点の動向は昨年よりも出かける人の割合が多くなると予想される。

夏のおでかけ、6割以上が「家族と」
夏のおでかけ、6割以上が「家族と」

また、おでかけ予定のある人に誰と出かけるか(※複数回答可)と聞いたところ、「家族と」が65%と最も多く、25%の人は「恋人・夫婦で」と回答。友人と出かけると回答した人は「5人以下」が8%、6人以上は1%未満で、今年の夏休みのおでかけ予定はファミリー層がその多くを占めていることがうかがえた。

情報は2021年7月2日 19:15時点のものです。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。