夏休みのおでかけ、約4割が「予定あり」 コロナ禍でも条件つきなら「おでかけしてもよい」という傾向に

全国

夏におでかけしたいのは?上位は「温泉」「花火」「夏祭り」

夏のおでかけ、行きたい人気スポット・イベントは?
夏のおでかけ、行きたい人気スポット・イベントは?

さらに、ウォーカープラスの読者がしたい夏の過ごし方についても聞いた。回答者全員に「夏におでかけしたいのは?」(※複数選択可)と質問すると、最多は「温泉」(48%)という結果に。コロナ禍におけるストレスや自粛疲れもあるのか、疲れを癒せるスポットへの需要の高さがうかがえる。また、上位には「 花火大会 」(44%)、「 夏祭り 」(33%)と、夏の風物詩と呼ぶべきイベントが名を連ねた。

外出を控える理由の大多数はやはり感染拡大防止
外出を控える理由の大多数はやはり感染拡大防止

また、今年のおでかけの予定で「旅行やおでかけはせずに基本的に家で過ごす」と回答した人にはその理由を質問(※複数選択可)。81%の人が「新型コロナウイルス感染拡大防止のため」と、次点の「どこも混雑しているため」(26%)を大きく引き離した。

外出しない夏の過ごし方、過半数が「映画・ドラマ・アニメ作品の鑑賞」
外出しない夏の過ごし方、過半数が「映画・ドラマ・アニメ作品の鑑賞」

さらに休み中の家での過ごし方(※複数選択可)については「映画・ドラマ・アニメ作品の鑑賞」(53%)、「趣味に時間を費やす」(35%)、「特に何もせず休養をとる」(30%)が上位の回答となった。ウォーカープラスが今年の4月に行ったGWの過ごし方調査でも6割近い人が映画・ドラマ・アニメ作品の鑑賞をして過ごすと回答しており、映像鑑賞が余暇の定番となっていると言えるだろう。

コロナ禍におけるおでかけ、約半数が条件つきなら「してもよい」

コロナ禍におけるおでかけについてどう考える?
コロナ禍におけるおでかけについてどう考える?

新型コロナウイルスのワクチン接種もはじまったなかで、おでかけに対する意識調査も実施。「コロナ禍におけるおでかけについてどう考える?」(※複数選択可)というアンケートでは、「感染症対策をすれば旅行やおでかけをしてもいい」(48%)が最も多く、「公園や野外など、密を避ければ旅行やおでかけをしてもいい」(37%)、「ワクチンを接種していれば旅行やおでかけをしてもいい」(36%)と続いた。

約半数が一定の条件をクリアしていればおでかけをしてもよいと考えている一方、「感染症対策をしても旅行やおでかけはするべきではない」と回答した人は16%、「よくはないと思うが自粛に疲れたのででかけたい」は17%という結果に。おでかけへの警戒感を感じる層も一定数いるものの、一年以上続くコロナ禍で“自粛疲れ”の傾向も現れ始めている。

ワクチン普及後ならおでかけした人は6割強
ワクチン普及後ならおでかけした人は6割強

また、「新型コロナウイルスのワクチンが普及すれば旅行・おでかけをしたいと思う?」という質問では、「そう思う」(31%)「ある程度そう思う」(36%)と、7割弱の人がワクチン接種の普及でおでかけをしたいと考えていることが分かった。

オリンピック、興味ありは4割弱も…開催されれば「テレビで観る」は64%

オリンピックへの興味はやや低め
オリンピックへの興味はやや低め

こうした中、今夏開催予定の東京オリンピック・パラリンピック。「今年開催予定のオリンピックに興味はある?」と聞いたところ、「ある」(17%)、「どちらかといえばある」(20%)と、関心を持っている人は4割弱に留まった。その一方で、「今年オリンピックが開催された場合観戦の予定は?」(※複数回答可)という質問では、64%が「テレビで観る予定」と回答。開催されればオリンピック・パラリンピックを観たいと思う人が一定数いることがわかった。

オリンピックの観戦予定は?
オリンピックの観戦予定は?

ウォーカープラスでは年末年始、ゴールデンウィークと長期休暇のタイミングでおでかけ動向の意識調査を実施してきたが、今回のアンケートでも依然、新型コロナウイルスの状況が行動選択に大きな影を落としていることがうかがえる。同時に、約半数が「感染症対策をすれば旅行やおでかけをしてもいい」と考えているなど、一律的な外出自粛ではなく、それぞれの基準の範囲内で外出するかどうかを選択する傾向にあるようだ。

情報は2021年7月2日 19:15時点のものです。

TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。