【夏の自由研究】SNSで話題!夏の伝統和菓子「琥珀糖」を作ろう

全国

夏休みの自由工作を、なるべくラクに、安く完成させたい……!というキッズ&保護者のみなさんに提案!SNSで何度も話題にあがる、注目の砂糖菓子「琥珀糖」を手作りしてみては?作業自体はさほど難しくないけれど、乾燥の工程が必要なので、夏休みのような長い休みを利用するにはぴったりだ。


「琥珀糖」は、伝統的な和菓子のひとつ。見た目の涼やかさから夏のお菓子として親しまれ、表面はガリッと硬く、中はほろりと柔らかいという、不思議な食感が特徴だ。寒天と砂糖、それに水と食紅などの色素だけと、材料はごくシンプル。作り方も単純で、砂糖をたっぷり溶かした寒天を小さく切り分け、乾かすだけ。

といっても、寒天には糸寒天、棒寒天、粉寒天、そして砂糖にも上白糖やグラニュー糖、三温糖など、材料ひとつとってもいくつも種類があり、どれを使うかによって仕上がりが変化し、また作業工程も異なってくる。簡単な作業のようで、それぞれを丁寧に根気よく行わなくては、美しい琥珀糖は作れない。

鍋を火にかけたり、場合によっては包丁の出番もあるため、子供が作る際は大人の見守りが必須 。また、数日から1週間ほどかかる乾かす工程では、スペースの確保とほこりがかからない工夫が必要だ。自由研究に取りかかる前に、子供と一緒に準備をしておこう。

ビジュアルも美しい「琥珀糖」。自分好みの色合いで作ってみよう!
ビジュアルも美しい「琥珀糖」。自分好みの色合いで作ってみよう!


<準備するもの> (24×18センチの角型バット1台分程度)
グラニュー糖…300グラム
糸寒天…5グラム
水…250ミリリットル
食紅またはかき氷シロップ…お好みで

クッキングシート

角型バット(底の平らな容器でもよい)

※糸寒天を使用する場合、分量外で戻す際の水が必要。漉し器も用意する。

糸寒天、粉寒天で作り比べてみても
糸寒天、粉寒天で作り比べてみても


ヒント:透明度の高い琥珀糖を作るなら、糸寒天がおすすめ。戻す時間を短縮したい場合は、粉寒天を使うとよい。今回は糸寒天を使って作成した。

※写真は、すべて倍量で作っている。が、量が多すぎて管理がとても大変なので、読者のみなさんは分量通り作ることをおすすめしたい。

<作り方>
1.糸寒天を戻す

たっぷりの水で戻そう
たっぷりの水で戻そう

分量外の水に糸寒天を水でざっと洗い、たっぷりの水に浸して、戻す。浸す時間は、使用する糸寒天の指示通りに。

2.バットを準備する

バットに直接流し込んでもよいが、上手にはがせる自信がなければ、クッキングシートを敷いた方が無難だ
バットに直接流し込んでもよいが、上手にはがせる自信がなければ、クッキングシートを敷いた方が無難だ

角型のバットの内寸に合わせてクッキングシートを敷いておく。ここにグラニュー糖を溶かした寒天液を流し込むので、火にかける前に準備しておこう。

3.寒天を煮溶かす

沸騰させないように注意しながら、寒天を溶かしていく
沸騰させないように注意しながら、寒天を溶かしていく

戻した糸寒天はよく水を切り、水(分量の250ミリリットル)と一緒に鍋に入れて火にかけ、煮溶かしていく。沸騰させず、かたまりがなくなるまでよく混ぜる。完全に溶かしたら、漉し器に通す。粉寒天の場合は、漉し器を通さなくてもOK。

ヒント:完全に溶かしたつもりでも、漉し器に通すとわずかにかたまりが残っていることも。少量なら問題ないので、次の工程へ。目に余るほどかたまりが残っているなら、もう少し火にかけて煮溶かそう。

4.砂糖と一緒に煮る

グラニュー糖の量が多くてびっくりするかも
グラニュー糖の量が多くてびっくりするかも

かすかな黄色みは、糸寒天特有の色。焦がさないように注意しながら煮る
かすかな黄色みは、糸寒天特有の色。焦がさないように注意しながら煮る

ヘラにしずくがとどまるくらいのもったり具合が、火を止める合図
ヘラにしずくがとどまるくらいのもったり具合が、火を止める合図

煮溶かした寒天を鍋に戻したら、グラニュー糖を全量加え、火にかける。こちらは沸騰させてもよいが、焦がしてはいけないので火加減は中火に。ヘラでよく混ぜながら火にかけていくと、ぷくぷくと泡立ち、徐々にとろりとした質感になっていく。もったりするまで根気よく煮て、ヘラですくいあげたら糸を引き、最後のしずくが垂れ落ちないくらいになったら火を止めよう。

情報は2021年8月3日 12:00時点のものです。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。