猿江恩賜公園

東京都・江東区
猿江恩賜公園
中央広場には公園のシンボルとなる時計塔があり、春は桜が満開となる
画像提供:猿江恩賜公園

幕府の貯木場、木蔵(きぐら)の面影残す公園

大正13(1924)年に昭和天皇の成婚を記念して現在の南側地区が明治政府から東京市に下賜され、昭和7(1932)年に旧猿江恩賜公園として開園。後に北側地区も合わせて全園開園した、新大橋通りを挟んで南北に分かれて広がる公園。野球場と日本庭園、2つの池がある南園は落ち着いた雰囲気で散策におすすめ。テニスコート、広場、遊具、じゃぶじゃぶ池のある開放的な北園には、江戸時代からの猿江貯木場を再現したミニ木蔵(きぐら)もあり、往時の面影を残している。★新型コロナウイルス感染症拡大防止対策★来園者への呼びかけ(三密回避、体調不良時・濃厚接触者の来園自粛、咳エチケット)/窓口に飛沫感染防止パーティション設置/ゴミの持ち帰り

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの開催が中止・延期になっている場合があります。また、施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
  • 今日 13℃9℃
  • 明日 16℃9℃

同じジャンルの夏休みスポットを探す

夏休みスポット一覧に戻る

このスポットを見ている人はこちらも見ています

夏休みイベントカレンダー

夏休みイベントカレンダーから日付を選択して、「夏休みイベント」を探そう!お盆時期に開催しているイベントも多数!

来週以降の夏休みイベントを探している方はこちら!

おすすめ情報