何必館・京都現代美術館

このページをスマホで見る

このページをスマホで見る

京都府京都市東山区
何必館・京都現代美術館
最上階の5階にある光庭
(C)何必館・京都現代美術館
※ このデータは2020年のものです。順次更新しております。京都府のスポットはこちらからご確認ください。

祇園の伝統ある花街で幅広い美術作品を展示している

京都祇園の伝統ある花街の中心に佇む美術館。館名の由来は「何ぞ必ずしも」と定説を常に疑う自由な精神を持ち続けたい、という意味合いで名付けられたもので、作品も多くがその考えに基づいて収集されている。陶芸をはじめ美術工芸のあらゆる分野で活躍した北大路魯山人や、日本画家の村上華岳、洋画家の山口薫の作品を中心に国内外の絵画、工芸、写真を収蔵。最上階の5階には、山紅葉の美しい光庭と茶室がある。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/体調管理/徹底距離を意識した接客
【施設内の対策】定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/入館時の手指消毒/マスク着用
【その他】集団での来館はお控えください
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

  • 今日 32℃19℃
  • 明日 28℃19℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

同じジャンルの夏休みスポットを探す

夏休みスポット一覧に戻る

京都府周辺の夏休みイベント・おでかけスポット

このスポットを見ている人はこちらも見ています

TwitterでシェアFacebookでシェア

夏休みイベントカレンダー

来週以降の京都府の夏休みイベントを探している方はこちら!

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。